春ファッションは難しい!上手に見せるテクニック

ファッションを上手におしゃれに見せるためのテクニックとしてファッションに動きを持たせるということがあります。

動きというのは歩いたり、仕草をしたりする度に服が揺れるようなアイテムを取り入れることでも対応ができますが、手っ取り早く動きを持たせるためにできることは露出を増やすことです。

暖かくなってもあえて厚めの服をチョイスします。
身体にフィットするものや全体を覆えるものをチョイスして夕方以降の寒さに備えるのです。

そして日中は少し崩してきたり、腕まくりをしたりすることで春らしいファッションに見せるのです。

コートの前を空けたり、シャツのボタンを外したりすることもとても効果的です。

肌が見える面積が多いほど、人にとっては涼しく、爽やかな印象を与えられます。

かといって、さすがに夏物を3月から取り入れるとカゼを引いてしまいますから上手に冬物、秋物で春でもセーフな生地やカラーのアイテムを取り入れて「服をまくりあげる」「前を開ける」等のテクニックを用いて春らしさを演出するのです。

着方を変えるだけで見え方が変わります。
春ファッションはそのバランスがとても難しいコーディネートになりがちですが、上手に服に動きを持たせることで春ファッションをおしゃれに演出していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です